ミニマリスト・シンプルライフを志すガテン系女子

泥臭い生活をミニマム化していくブログ

洋服を減らしたい方へ【前編】

天気も回復し、動きやすい季節がやってきました(^^)さぁ片付けの季節です!ミニマリストというより、断捨離を始めたばかりの方を対象に書いています!

 

とにかく服で悩む

Facebookを通じて私のブログを読んでくれている友人から「とにかく服を減らしたい!どうにかしたい!」と相談を受けることがあります。

こんな私ですが、前編に服を減らすに至った過程や基準、後編にその後の変化などをまとめてみました。
今回は前編です。
 
 

着たい服がない!

定番の悩みは私にもありました(笑)
引き出しを開けたら、服は並んでいるのですが
◾︎何が似合うのか分からない
◾︎似た色が何枚もある
◾︎なんか奇抜
◾︎アラサーでギャル服を着てていいのか?
◾︎H&Mなどの海外ファストファッションのサイズがしっくりこない
服を選ぶつもりが、ため息しか出ませんでした。服は増える一方で引き出しは私の分だけでパンク寸前でした。
 

まずはじめに軸作り

取り掛かったことは減らすよりも先に、どんな自分になりたいか?自分軸をイメージする必要がありました。
◾︎お姉さんなコンサバ
◾︎親しみやすいカジュアル
◾︎エッジの効いた流行を攻めるタイプ…など
どうなりたいのか悩んでても仕方がないので、ファッション雑誌をとにかく読みあさりました!ネットでも検索、ペラペラ立ち読みもしました(笑)
 
なんとなくでも「これは違うな」「この格好キレイだな」という直感は大事にすべきです。
これまでは
 
⚪︎GISELe

GISELe(ジゼル) 2015年 10 月号

⚪︎GIna

Gina 2015年 10月号 [雑誌]

⚪︎JELLY

JELLY(ジェリー) 2015年 10月号 [雑誌]

を好んで読んでいたんですが、
いつのまにか好みも変わり
 
BAILA(梨花さまー!!)

BAILA(バイラ) 2015年 10 月号 [雑誌]

◎VERY(井川遥様を拝みたいだけ)

VERY(ヴェリィ) 2015年 10 月号 [雑誌]

のような、都会にいそうなきちんとカジュアルをしたいと思うようになりました。
 

で、実行

自分軸も見えてきたので、その軸に合わない服は手放しました。
この際、汚れ・ほつれ・毛玉が目立つ服も捨てました。
このあたりで20着は手放していたかと…覚えてない。所詮そんなもん。
引き出しに入らないというパニックはここで卒業できました。
残ったのは、ナチュラルというより地味なトップスやTシャツに、黒・紺ボトム、、青色の服…とことん地味子さんでした。とりあえずの服ばかりです。
 

プロの意見を聞きたい

自分の感性だけでは、断捨離も行き詰まりました。もっと引き出しの風通しを良くしたかったので、プロのご意見パーソナルカラー診断を受けました!
自分軸があった方が、先生にも相談しやすいですし、あらかじめアンケートでどんな自分になりたいかと問われました。
自分軸は最初の頃に作り上げていて正解です◎

nonkey-monkey.hatenablog.com

 ここで私はスプリングと診断されました。

手持ちの地味服とは一転しブライトカラーが私にはしっくりくるのです。
“着たい服より似合う服を”という気持ちに切り替え、青色の服、さらに地味だけれどもまだ着れるような服も手放しました。
ここで一気に大小30着は手放したかと思います。覚えていません。所詮そんなもん。
 
1人で占有していた引き出しも、夫婦二人分が収まるようになりました!
収納ケースを買わなくてよかった(ーー;)
 
ここまでが私のストーリーではなく、捨てーリー。
春から始めた断捨離も夏の終わりにようやく落ち着いたのです。
 
 
次回は【後編】その後の変化をお届けします!