ミニマリスト・シンプルライフを志すガテン系女子

泥臭い生活をミニマム化していくブログ

男性200人女性15人の職場から見える世界【長文】

ガテン系女子のんきーもんきーです。シンプルライフはお休みして仕事のことを。

f:id:nonkey_monkey:20150901065347j:image

△△現場人間が好きそうな軍艦島

アナタ何者?

インフラに携わっています。かつては3K(危険・汚い・キツイ)職場と言われていました。女性を採用しだして15年ほどでしょうか。
この仕事は不規則。基本的にみなさんが食べてる間、寝てる間に動いているため「いつ働いてんねん」とよく言われます。ちゃんと働いてるわ!ムキー(♯`∧´)
 

男社会で生きる

入社してから転々と異動した各職場の男女比
1〜2年▷男女比=6:4
3〜4年▷男女比=8:2
5〜現在▷男女比=9:1 ←1???
数字にしたらなんと女性は1割にも満たない(笑)育休中の方が3人です。15人に含みます。ですので現場は12人。すくなー。大人が集まる工業高校といったところでしょうか。
 

薄々感じること

  • 男性陣にもマウンティングはある

意外と男性は男性のこと見てるし、影で言う(笑)服装が変わっただとか、つけてる時計や乗ってる車など、さらに30代後半にもなれば、どこに家買っただの、いくらだの、熱心に話してるし、職場内ゴシップ大好き(笑)女15人だけど、そんな話しないし入ってきませんが…私らは勤務の話しかしない。
 
  • 女性は腫れ物扱い

意見交換会を定期的に開催していますが…論破してやろう、制度あるでしょ、のように何を言っても一方通行。もうネタなし。そんな会のために休日が潰される。休憩室も全て隔離。
 
  • 社内恋愛・社会結婚多い

女性15人いますが、社内結婚された方は5人はいます。独身の方もいるので、かなりの割合です。全社見ると女性の8割は社内結婚じゃないですか?
こうも不規則だと出会いがないんでしょう。私は社内結婚に肯定はできませんが、もし私が経営者だとすると、彼らは守っていくべきだろうと考えます。めちゃくちゃ仕事のこと話してるし、誰よりも生き抜く方法を考えていると思うし。ただ、付き合う分に関して仲間としては面倒です。二人分のNGワード黒歴史などを把握して会話に挑まないと亀裂が起こります。
 
  • 0か100かでしかない働き方

先日、女性活躍推進法みたいなのが可決されましたが、女性で管理職になりたいって聞いたことないけど!それよりもっと、ぬるーく、ゆるーく細く長く働きたいと話しています。身体が資本のガテン系ですが、適正検査で引っかかると即アウト。妊娠発覚ともなれば、雑務で終わる9時5時出勤が待っています。別に私は母になってまで(なれるかしらん?)、この不規則な仕事を続けたいとは思わないので、◯◯課とかもっと簡単に移動できる手段があればそちらに進みたいのですが、年に一度の試験と、一週間の泊まりを要する研修が待ち構えているので受検のタイミングが非常に悩みどころです。っていうかフル出勤はしたくない!月に2、3回の勤務でいい。なんで復帰したらフル出勤が待ってるの?もっと時短勤務の年数を増やして(ーー;)異動したらしたで各課室もそれはそれで大変だとは耳にしますが…
 
  • 身体がいつまで保つか

謎。明日終わるかもしれないし、40になってもピンピンかもしれないし。ただ、PMSが年々キツくなってると思う。ムリしちゃって生理が辛くても迷惑かけたくないからって薬飲んで出勤するのが大多数。貧血やストレスで倒れた同僚もいる。ただでさえ、職人気質でストレスフルな業務内容に加え、不規則勤務、職場の人間関係って体への負担は増す一方だし、こんな状況で誰が上を目指すというのか。体が悲鳴あげてることに気付けていない女性社員は多いと思う。相談できる女性社員が圧倒的に少ないのも原因かもしれないものの…いけいけドンドンの熱血先輩社員には相談したくないし。生理休暇制度があるので利用したけど、でもそのしわ寄せは誰かにいくし、やっぱり悩む。身体潰してまで働きたくはない。その点、男性は人数が多い分、相談しやすい仲間を見つけることはたやすいのかも。この職では、女性はストレス発散方法を見つけるのがつい後回しになりがちで、倒れてから見つめ直す。
 
私??今の仕事には誇りや働きがいしかない!だから対人関係では悩まない。しかし前はとにかく早く辞めたかった(笑)OLしたかった!
 
最後に…
現場から社会がもっとゆっくり流れるよう切に願ってます。ネット遅い!乗り物数分遅れで怒号!カリカリしすぎ。インフラといえども所詮は不完全なマンパワーの集まりで、いつこの紐が切れてもおかしくないのに完璧を求めすぎだと思う。
私はその紐が切れないよう、必死なってタスキをつないでる!利用してくれる人々のために、汗水流すのはやっぱりスキなんだなぁ!
 
心の叫びを聞いてくれてありがとう。